特 集

02-07/24付:オールド Siku
Sikuと聞いて、まず最初に思い浮かぶのが、
ブリスターパックに入った現在の形態の物。

しかし、そのSikuにも箱の時代がありましたo(^0^)o

現在のSikuミニカーは若干トミカサイズよりも大きいのですが、
この頃のサイズは今のトミカサイズとほぼ同じ。

出来も素晴らしいです\(^O^)/
是非見てみてください♪
FERRARI BERLINETTA 275 GTB
これは、このサイズではとても珍しい、
フェラーリのベッルリネッタ275GTBです(^-^)

綺麗なフォルムも忠実に再現されています♪

フロント
ライト部分はプラパーツで作られ、
見た目も綺麗です(^人^)

リア
特徴あるテールランプに、
ナンバーまで、綺麗に出来ていますq(^-^q)

これがタイヤ。
Sikuの文字が入っています。
タイヤの溝も再現されています(^-^)

嬉しいのが、ドアの開閉(^-^)
トミカとは違い、スプリングが入っていません。
でも、それが高級感を醸し出します(^0^)/
BERLINETTA 275 GTBとは?
1964年に発表されたベルリネッタは、ロードカーとしては初めて
前後ダブルウィッシュボーンの4輪独立を採用。
エンジンは3.3リッターSOHC・V12エンジン。

ランボルギーニ・ミウラに対抗すべく66年にフェラーリの市販モデルとしては
初のDOHCヘッドが与えられ、GTB/4に発展。

少数ながらオープンボディのNARTスパイダーも製造されました。
JAGUAR E2+2
こちらはこれまた珍しい、
ジャガーのE-TYPE 2+2です(^-^)

この車も特徴のある、
素晴らしい車ですq(^-^q)

フロント
ライトは別パーツで再現。
特徴ある顔つきも、綺麗に再現されています♪

リア
リアも綺麗なフォルムですね〜
やっぱり昔の車はデザインが綺麗です(o^_^o)

もちろん、ドアも開閉します(〜^^)〜
やっぱり高級感を感じますヾ(>ω<)

こちらのタイヤも
Sikuの文字と、タイヤの溝があります\(^O^)/
JAGUAR E-TYPEとは?
ジャガーの名を一躍有名にしたSS100、
1953年にル・マンで優勝したXK120、55年から3年連続優勝したDタイプに続いて
61年に登場した量産型モデルで、
同性能の他のスポーツカーより30〜40%の安価で販売され、
アメリカを中心に爆発的な人気に。

Eタイプは、カタチだけでなく内容でも新しさにあふれており、
コクピットから後ろをモノコック構造、
前部分にはサブフレームを接合してエンジンを搭載している。
ブレーキもジャガーの伝統で、当時としては先進的な 4 輪ディスクを採用している。